麻酔処理でのりきるVIO脱毛

###Site Name###

美容皮膚科などの病院で行われている脱毛は、エステサロンや脱毛サロンなど医師のいない場所で行われている脱毛には使用することが許可されていないレーザーの光を使用した施術を受けることができます。

毛が生える組織を壊すという医療行為によって脱毛が進められ、人によってはサロンで行う脱毛よりも1/3から1/2ほどの短期間で終了させることもできます。

病院での脱毛は、髪の毛以外の全身にわたって行われており、肌がデリケートな顔やVIO脱毛も行われているため多くの女性に利用されています。

近年日本でも人気が出ているVIO脱毛は、恥骨上のVライン、女性器周りのIライン、肛門回りのOラインをセットで行われることが多いものです。



Vラインはショーツを着用する時にも気になる部分で処理をする人も多いものですが、水着を着用して泳いだり海で遊んだりする時にはIラインも気を付けなければなりません。


VIO脱毛は、美観的にはみ出てしまう部分を処理するだけでなくアンダーヘアをなくすことによって排泄物が付きにくくなるためにかゆみが発生することも減り、毛がないためにムレやにおいを防ぐ効果があります。


生理時に毎回肌トラブルで悩んでいるという人にも多く利用されている部位です。

レーザー脱毛は、黒い色に反応する特性を生かした方法であるため、施術前の除毛処理がしっかりとされていなければ皮膚と機材の間にはさまれやけどのおそれがあります。
また、肌の色素が沈着して黒っぽい部分にも反応してしまうために体の中でもとくにOラインは痛みが発する可能性が高いものです。しかし、病院での施術なので麻酔処理を受けることができます。


麻酔は塗るタイプなので注射ではありません。

施術料金と別に麻酔料金がかかりますが、あらかじめ処置してもらえば安心して施術にのぞむことができます。日本でのレーザー脱毛は、1997年に医師の指導のもとに取り扱うこととして始まり美容皮膚科などの病院で施術が行われるようになりました。
レーザーの光にも種類があり、ダイオードレーザーやヤグレーザー、アレキサンドライトレーザーやルビーレーザーなどがあります。

日本に入ってきた頃はアレキサンドライトレーザーが主流となっており、焼却装置が付いているために肌にジェルを塗る必要がないために施術時間もスピーディーに行なうことができます。

そして、近年で主流となっているのはダイオードレーザーです。
アレキサンドライトレーザーでは強い痛みを感じるという人も多いものでしたが、ダイオードレーザーは比較的痛みが少ないために安心して受けることができます。

また、レーザー脱毛はメラニン色素でもある黒い色に反応させて脱毛を行うことから色の薄い産毛のような毛質には反応しにくいものでしたが、ダイオードレーザーは男性のヒゲのように太くて濃いしっかりとした毛質から産毛までさまざまな毛質に対応することができます。
レーザー脱毛は、黒い色に反応してしまうことから肌の表面に黒いものがあればやけどや痛みの恐れがあります。ほくろなど避けて行われることもありますが、VIO脱毛のように色素が沈着しがちな部分もあります。

とくにVIO脱毛の中でもOラインは白人の人と違って日本人の肌は黒ずみがちにもなり、痛みに我慢できない人も多いものです。その場合には医療機関でもあるために麻酔処置をしてもらうことができます。

注射針を刺す麻酔注入ではなく、塗る麻酔なのでVIO脱毛の場合にも安心して受けることができます。

病院などでVIO脱毛をする時には、レーザー脱毛と電気脱毛のどちらかの方法で行うのが一般的です。

この内、レーザー脱毛の方がポピュラーで、病院などでは、ほとんどこの脱毛法で行われています。
レーザー脱毛は、ある範囲にレーザー光を照射して、その時の発熱で毛根を壊して毛の成長をさせなくします。
この方法は、施術時間が比較的短く、レーザーを照射した時の痛みも我慢できなくはないので、病院などの主な脱毛法になっています。


電気脱毛は、レーザー脱毛が導入される前に、よく行われていた脱毛法です。


これは、針の先が発熱する構造の電気針を毛の毛根に突き刺して、やはり熱によって毛根を壊してしまうやり方をします。

この方法は、毛の一本いっぽんに針を突き刺しますので、効果抜群で永久脱毛ができます。

一方で、施術の時間が長くなることや、針の先が熱せられる時の痛みがレーザー脱毛より強いこともあり、麻酔を使う場合が多いといいます。
費用の面でも、手間がかかる分レーザー脱毛より高くなるのが普通です。

病院などでVIO脱毛する時には、上記の2つの脱毛方法から選びますが、どちらをとるべきか考えてみましょう。VIOの部位は、毛の量もそれほど多くなく、毛周期も短い方ですから、手間がかかるものの効果抜群の電気脱毛で施術しても良いのですが、費用のことを考えますと、やはり、最初はレーザー脱毛で施術するのが得でしょう。レーザー脱毛は優秀な脱毛法ですが、稀に脱毛しきれない毛が残ることがあります。

特にVIO脱毛のような込み入った部位では、何本かの毛が残ってしまうこともあります。

それらの毛に対しては、一本いっぽんの毛の処理ができる電気脱毛が向いています。

このような手順で行うと効率良くVIO脱毛ができるのではないでしょうか。
いま注目されている脱毛部位としてVIO脱毛があります。
VIO脱毛とは、ハイジニーナとも言われていますが、Vライン、Iライン、Оラインをすべて行うことです。



場所が場所ですので、最初は躊躇されてしまうという方もいるかも知れませんが、紙ショーツを履いたうえでの施術となりますし、スタッフはとても慣れていますので心配することは有りません。


vラインのデザインについては、好みもあると思います。

エステサロンなどで行う光脱毛においても、プレートがあり、好きなデザインを選んでその通りにしてもらうことができます。

最近人気があるのがハート型のデザインです。可愛らしく仕上げてもらうことができます。

もちろんすべての毛をキレイにしてもらうこともできますし、ちょっとだけ残すということもできます。
ファッション面だけではなく、衛生面においてもVIO脱毛は大変効果があります。
特に生理の時など、不快な蒸れや痒み、臭いが出やすくなりますが、それらの悩みを軽減させてくれるというメリットがあります。

数年前にハリウッドセレブたちの間で大流行していて、その流れが日本にも来ているわけですが、今脱毛サロンで施術を受けている方の多くは、VIO脱毛を希望されているということがあります。


初めての方は体験をされてみたり、キャンペーンを利用してお得に始めるということも可能です。それぞれのサロンによって、料金も異なりますので調べてからカウンセリングに行くと良いでしょう。