Vライン脱毛の人気の仕上げが逆三角型

###Site Name###

日本人のVライン脱毛にはある特徴があります。

それはツルツルにはしない人がほとんどということです。


欧米などでは無毛のツルツルにするのが常識ですが、日本では量を減らして形を整えることが常識となっています。

というのは日本には独自の温泉文化があるからです。

温泉で裸になった際に、この部分がツルツルでは恥ずかしいですし、日本人男性はまだまだ保守的なのかVラインがツルツルの女性は遊んでいると思われるので、あまり好まれないのです。
また黄色人種は色素沈着しやすく、そのためツルツルにしても白人のように白くてきれいなVラインにならないことが多いこともあります。


もちろん日本人でもツルツルにする人はいますが、毛量を減らして形を整えるのが一般的です。そこで日本ではVライン脱毛の際には最終的にどんな形にするのか決める必要があるのです。

人気な形が逆三角型です。
非常に自然な感じで、多くの人が逆三角型にするようです。
また上品な感じで人気なのが卵型です。

Vライン脱毛の際には最終的にどんな形にするのか決める必要がありますが、いきなり初回から決めなくても大丈夫です。

というのは光脱毛は一度の照射で全て抜け落ちることはないからです。

照射部の成長期の毛にしか効果がありませんし、1回の照射では完全なダメージは与えられないからです。

逆三角型や卵型、ツルツルなどどんな仕上がりにするのかは、照射を続けて行くうちにゆっくりと考えて決めればいいのです。

いわゆるビキニラインの脱毛をエステではVライン脱毛と言います。

この部分、人によっては色素沈着が強い場合があり、施術自体を断られることがあります。

というのはエステでは光を使った光脱毛でお手入れを進めて行きます。

これは黒色だけに反応する光で毛母細胞を熱ダメージで処理していく方法なので、肌内部のメラニン色素が多い色素沈着の部分に照射すると、そこに反応してやけどなどの恐れがあるからです。
そうはいってもどうにか脱毛したい、そんな場合の選択肢の一つが針脱毛です。
こちらは毛穴1つ1つに細い針を刺して電気を流して処理をする方法で、光脱毛が主流になる前には脱毛と言えばこちらを指したのです。

これなら黒い色に関係ないので色素沈着強い方のVライン脱毛でも問題なく行えます。
ただ問題が痛みがあることです。施術者の技量にもよりますが、毛穴に針を刺しそこに電流を流すのですから、それなりの痛みは覚悟しないといけませんし、Vライン脱毛ともなるとデリケートな部分なのでかなりの痛みを伴うこともあります。


それに針脱毛には時間と手間もかかるという欠点もあります。

光脱毛とは違ってその場できれいになるのがメリットですが、針脱毛にはこのようなデメリットもいくつかあることを知っておくべきです。

そこでおすすめが全体を光脱毛して、漏れた部分を針脱毛するという方法です。
これなら針脱毛で痛みに耐えながら膨大な時間とお金をかけずに済みますし、本当にツルツルにできます。

VIO脱毛というのは、名前だけは聞いたことがある人が多いのではないでしょうか。

VIO脱毛は通称ハイジーナ脱毛と呼ばれるもので、股間のかなりデリケートな部分の無駄毛を処理していくことです。



Vラインについては、普段から自分で処理をしている人も多いですし問題はないと思うのですが、IラインとOラインについてはどのような方法で処理していくのか不思議に思っている人も多いはずです。

基本的には脱毛サロンに通って、レーザーや光を使って脱毛していくことになります。


ワックスを使って脱毛していく方法もありますが、永続的な効果を欲しているのであれば、毛根を直接潰していく方が効果的なのです。
脱毛サロンなどでは、パンツまで脱いで直接施術してもらう方法が普通ですが、相手はプロで、施術の間話しかけたりしてくれるので恥ずかしさはそれほどでもありません。

痛みはかなり強いですからそれなりの覚悟が必要になりますが、麻酔クリームを塗ってもらうことができるところもあります。
痛いのが苦手ならそういったものを使ってもらえるかまず最初に聞いてみるのがいいでしょう。



VIO脱毛をしておけば、水着などを着る機会があっても慌てる必要がありませんし、無駄な時間を毛の処理に費やすこともなくなります。

恋人ができてもきれいな自分を見せられるのでやっておくのがベストです。

ただし、直接粘膜などが下着にこすれてしまうこともあるので皮膚のケアをすることは必要になります。

近年では日本でもVIO脱毛を行う女性も多くなってきました。アンダーヘアのことを指すVIOは、恥骨上部の逆三角形の形をした部分をVライン、女性器周りをIライン、肛門回りをOラインと呼ばれ、3か所をセットでVIO脱毛が進められることも多いものです。


むだ毛を他の人に見られてしまうことはとても恥ずかしいものですが、とくにVIOは伸びてきてしまったりはみ出してしまった状態を最も見られたくない部分でもあります。VIO脱毛は、ワックスで処理をするブラジリアンワックス脱毛やエステサロンや脱毛サロンでのフラッシュ脱毛、美容皮膚科など病院での医療レーザー脱毛などさまざまな方法で受けることができます。ワックス脱毛は、ワックス剤を使用して引き抜く方法で処理されますが、ワックス剤にアンダーヘアを絡ませて引きはがすことから多少伸ばしておく必要があります。



部活や習い事でスイミングに通っている人など日常的に水着になるという人には伸ばすわけにもいかないために不向きではありますが、一回処理を行えば即効性があるのですぐに効果を発揮します。

一方、フラッシュ脱毛や医療レーザー脱毛では即効性がないためにしばらくは除毛処理を繰り返さなくてはなりません。

しかし、脱毛が完了してしまえば毛が生えてこないためにむだ毛の処理がなくなるので効果的です。


とくに医療レーザー脱毛は毛の生える組織を破壊するために短期間で脱毛を終わらせたい人にはとても効果があります。